民間療法でもいいので。

病院で診てもらっても結果的には、やはり睡眠薬をしっかりと取って朝起きられるようにした方が良いということでした。

私の結論的にはそれと同じだったので、やはり病院に行くことはあまり勧めたくないので、睡眠薬漬けのような生活だけは避けて欲しいと思いました。

だからこそやっぱり民間療法ではないですが、何とか朝起きられるような方法、それこそどんな方法でもいいのです。

例えば、朝体操を行えば夜はぐっすり寝れて次の日の朝しっかり食べられるというのなら、その体操をしたいと思いますし、夜これをいただけば朝はすっきりと起きられるみたいなものがあれば、それを購入したいと思います。

要は娘がどうやったら朝寝坊をせずに起きるのか、その一点だけ解決していけたらいいなと思っています。所謂インターネットや本などで調べているんですが、どれも似たり寄ったりの形ばかり。

とりあえず、いろんな方法を試していくにつきますね。

これがもととなってるのかという原因についても深く探って見つけていきたいと思っています。

私たちの時代はそう言ったことが全くなかったのにな。

今の違いはある意味甘えなのかなと。

甘えを中心に生活するからこういうことになってしまったのかな?なんて自暴自棄になってしまう親なのでした。

仕方がないのことかもしれませんが、とりあえず、娘が無事に健康になればいいなと願っています。

ずっとコレばかりですね。解決しないと閉鎖的になるのかな。