素晴らしい時期にもかかわらず

そもそも、どうして娘の朝寝坊はひどくなってしまったのでしょうか。

娘の性格上、けっして朝寝坊する性格ではありませんでした。

小学生や中学生もしくは高校生の時ですらもどちらかというと、朝早く起きて支度をし、少し早い目に学校に向かっていたくらいなのです。

ですので、大学生になったから、急に怠惰な生活を過ごしていて、朝寝坊をしても構わないと心が変わってしまったのかと思いがちなのですが、そうではないようです。

どうしてこれほどまでに朝がおきれなくなってしまったのかな?

親としては、娘が早く寝なければいけないのではないかと言っているのですが、どうもそれほど夜ふかしをしているわけでもないのです。

原因がわからず、もし娘が大きな病気になっているのではないかと思い、病院で診てもらったのですが、そうでもないようです。

お医者さんいわく、「決して体が悪いというわけではありません。今はもしかしたら、多感な時期なので、そういったところで体のバランスがうまく取れていないのではないか」ということなのです。

でも、これについては私自身はあまり納得しませんでした。

なぜならば大学の場合は夏休みや冬休みなど結構長い時間家で過ごすことがあります。

この時期であったとしても、そういった時というのが1番人生の中でも華やかな素晴らしい時期ですので、楽しくて仕方がないはずですよね。

この点について、結論を急がずにもう少し深く考えてきたいと思います。